包茎になる主な原因

仮性包茎ができる原因として主だったところは、こどもの頃に包皮を剥く習慣がなかったことなんです。

ハナから、新生児のときはほとんどの方が真性包茎の状態になります。
成長とともに真性包茎はリカバリーされていくことになりますが、仮性包茎に関しては改善しないケースがあります。
幼少期に、包皮を手を用いて剥いて亀頭を露出させることを習慣的に行なっていなかったケースだと、

大人になってからも仮性包茎のまんまの場合がほとんどを占めます。

我々日本国民男性の中において、仮性包茎が占めるパーセンテージはおおむね7割ともいうのが一般的です。
エリアによっては、割礼(かつれい)というような、こどもの頃から包皮を手で剥く習慣があります。
主として幼少期のの期間に、お風呂に一緒に入った親御さんが包皮を剥いてくれることがあったとしたら、

仮性包茎になりにくいと言われています。
この他には、成人後に仮性包茎の状態の方が亀頭を露出させたまま放置している状態が続くと、

カントン包茎が引き起こされる可能性が高くなります。

包茎の原因は先天性(生まれつきのもの)なのか後天性(生まれてからなるもの)なのかについて説明しようと思います。

男性性器は加齢現象とともに縮こまっていくもののため、包皮や亀頭がサイズダウンすることによって仮性包茎になる人がほとんどです。
しかしながら、後天的に真性包茎や嵌頓包茎の状態となる場合は、加齢現象以外の原因があるということも考えられます。

真性包茎においては、糖尿病が原因で引き起こされることも考えられます。
一見すると因果関係がなさそうだと感じますけど、何を隠そう糖尿病と包茎は因果関係があるというわけです。

糖尿病というのは、生活習慣病に含まれるもので、慢性的なバランスの悪い食事、アルコールの飲み過ぎなどで

肥満体質の人がなることが多い病気なんです。
インスリンというような、カラダの中の血糖値を下げてくれる効果が期待できるホルモンがいい感じに機能しなくなってしまって、

高血糖の状態が続くことによって糖尿病に結びついていくというわけです。

船橋中央クリニック 包茎手術 分割払い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です