子犬を迎える時は

この記事は

・子犬をはじめて迎えるけど何をすればいいの?
・どんなことに気をつけたらいいの?

こういった疑問をお持ちの方に向けて書いた記事です。子犬を迎えるときの準備ができていないと、飼い主だけでなく子犬にまでストレスがかかってしまいます。この記事では子犬を迎えるまでに行うべき事、注意点などを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

必要なものを揃えておく

はじめに子犬を飼う為に必要なものを事前にそろえておきましょう。子犬を飼う為に必要なものは以下の通りです。

・子犬用フード
・サークル、ケージ
・クレート、キャリーケース
・フード用、水飲み用のボウルなど
・トイレ、トイレシート
・ブラッシングのためのブラシ
・おもちゃ
・首輪、リード
・歯ブラシ

これらは必ず必要になるものなので、忘れず準備しておきましょう。

子犬を飼う上で注意する事

子犬を飼う上で注意することは以下の通りです。

・かまいすぎない
・トイレをしっかり教える
・健康管理を徹底する
・歯みがきを早めにはじめる

それぞれ解説します。

かまいすぎない

愛犬は愛くるしくてどんなときでもかまっていたくなります。しかし、ずっとかまっていると、逆にストレスになってしまうこともあるので、あまりかまいすぎるのはよくありません。

トイレをしっかり教える

トイレトレーニングを子犬のうちにしっかり行っておくことも大切です。室内いたるところにうんちやおしっこをされてしまうと、飼い主の負担が非常に大きくなります。子犬のトイレトレーニングに関する情報は、本やインターネットにたくさんのっていますので、よく調べて実践しましょう。

健康管理を徹底する

子犬のころは特に体力や抵抗力が弱いため、体調を崩しがちです。そのため、飼い主が子犬の健康状態をよく観察し、少しでも異常があれば、仕事を休んででも病院に連れていくようにしましょう。

歯みがきを早めにはじめる

子犬の頃から、歯磨きを行っておくことが大切です。成犬になってから、歯磨きをはじめると、全力で拒否されてしまうケースが多いため、子犬のうちからはじめておきましょう。

モグワンドッグフードは子犬にも与えられるドッグフードです。ぜひ以下の記事を参考にしてください。

モグワン ペットショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です