最近流行の「オンライン飲み会」ですが意外と困る点もありませんか?

リモートワークが増えて、昔ながらの「仕事帰りに居酒屋でちょっと一杯」みたいな飲みニケーションできなくなりました。
逆に増えているのが、今は足りの「オンライン飲み会」です。
各自、自宅のパソコンやスマホの画面でみんなの顔を見ながらワイワイ飲むのですが、これはこれでいろいろと面倒なことも多いのです。

それは
■オンライン飲み会では話しかけるタイミングが難しい
■オンライン飲み会だと汚い部屋の中まで見られてしまう
というものです。
オンライン飲み会で参加人数が少しでも増えてしまうと、話すタイミングが難しいものです。
また意外とカメラの後ろも映り込みやすいのでアングルチェックは念入りに確認しておきましょう。

意外に高性能なマイクやカメラはインターネット回線を重くしてしまいます。
大人数のオンライン飲み会の場合はビデオ通話は控えて、音声だけにするのもいいでしょう。
ただ仲間内でのオンライン飲み会ならやはり移りの良いほうが盛り上がります。
このあたりは臨機応変に対応していきましょう。

オンライン小見会では使うソフトも重要です。
最近ではやはり「ZOOM」が一番使われている気がします。
元々はWEB会議用でしたが、最近では背景を変えることができたり、アカウントが無くてもりようできたりといろいろな便利な機能があります。

「ZOOM」以外でもSNSのド定番「LINE]でもオンライン飲み会はできます。
ビデオ通話機能やグループ機能など便利で役立つ機能満載ですし、なによりみんなLINEのアカウントは持っていることが多いので助かります。

海外の方とのオンライン飲み会ならSKYPEも選択肢に入れておきましょう。
SKYPEは元祖ビデオ通話アプリで海外ではとても普及しています。

オンライン飲み会で参加する人達が使いやすいアプリを使ってあげるのは幹事さんの優しさでもあります。
事前の準備あってこそ、楽しいオンライン飲み会になります。
焼酎 シークワーサー 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です